Jun Yamamoto's Music

(revised March 1, 2017)


jun yamamoto

Composer/Arranger/Pianist/Keyboardist

お知らせ

弦楽四重奏のための『3つのアラベスク』 2017年5月25日(木) すみだトリフォニー小ホールにて、プレシャスカルテットにより初演予定です。

プレシャスカルテット http://musique-art.wixsite.com/precious-quartet

Coming May 25, 2017, "Three Arabesques for String Quartet" will premiere by the Precious Quartet in Sumida Triphony Hall.

JFC Independent 2017

=============

2016年10月29日「中国・四国の作曲家 in 徳島 2016」にて、トランペット独奏曲「戦争が廊下の奥に立ってゐたー渡辺白泉の句による」が、曽我部清典氏の演奏で初演されました。

Jun Yamamoto's trumpet solo composition "The War Stood in the End of the Corridor" has premiered by Mr. Kiyonori Sokabe in the concert "Composers in Chugoku/Shikoku in Tokushima 2016".

プログラム・ノート 「昭和初期に活躍した俳人、渡辺白泉の無季の句「戦争が廊下の奥に立つてゐた」の印象は強烈である。薄暗い廊下の奥に何かの気配を感じるとそこには「戦争」が立っていた、 というのである。戦後十年以上を過ぎて生まれ、「戦争を知らない子供たち」(北山修)として育った私ですら恐怖を感じるが、戦後 70年を経てこの恐怖は若い世代に伝わるだろうか。
トランペットはいわゆる「喇叭」であり軍隊とは切っても切れない関係を持っている。そのトランペットに一句の恐ろしさを表現させてみたいというのが作 曲の動機である。曲中に、シェーンベルク、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチらの戦争に関する、あるいは戦争中に書かれた音楽の引用を含む。」

Program Note "The title of the tune is a HAIKU by Hakusen Watanabe(1913-1969).  This is a terribly scary poem to EVEN me, who has been born more than 10 years after the end of WW II.  The war must be casually standing in the end of a corridor. The instrument, TRUMPET is inevitably linked to the military forces. I wish a trumpet to express the horribleness of the HAIKU, implying wherever the war is hiding and waiting. The tune includes several quotes from the music relating to and written during the war by Schoenberg, Prokofiev, and Shostakovich."


<Music on YouTube>

Turbulence (乱気流) 

Eternal River(永遠の河)

Paris d'Imagination(幻想のパリ)

Lament for Piano Solo

When there was Water on the Earth(地球に水のあったころ)

Sky (空)

May Road(五月山ドライブ)

Melody of pi (πの旋律)


【関連リンク】

Hatena Blog 「クラシックつまみぐい」  http://jun-yamamoto.hatenablog.com/

Modern Music (MP3s and Score PDFs) http://jun.la.coocan.jp/Old-Coocan/

ブログ 音 楽+αけちつけ帳

Acid Planet  Jun N Yamamoto

SoundCloud Jun Yamamoto   Lament for Piano Solo

MusicTrack Jun Yamamoto

Virtual Album  地球に水のあったころ(When there was Water on the Earth) CD一枚分の音源とジャケット・解説書データ

Virtual Albun "When there was Water on the Earth" mp3 and jacket/liner notes data for one CD

imslp (楽譜と音源) Jun Yamamoto

note.mu 「音楽を語る(名曲のアナリーゼ 他)」 note/hatoudon 

三毛子がたま〜にテルミンライブをするお店 舶 来居酒屋「バニー」 (大阪)

三毛子のテルミン演奏コレクション てるみんるーむ

音楽関係でない話題のブログ 「定量的に論理的に考えたい」


<Profile>

ピアノを飯田喬子、作曲を野田暉行に師事。1982年から1987年まで大 阪にて Fusion Group "Landscape"主宰。その後、単独におよびテルミン奏者三 毛子の伴奏者として活動中。カラオケで歌謡曲を歌うのも、テルミンの伴奏をするのも、フュージョンバンドで演奏するのも、現 代曲のアナリーゼをするのも、唱歌のアレンジをするのも、すべて一つながりの音楽活動です。音楽の本質はその自由さにあると思います。

Contact: via e-mail



住友化学-万骨枯る「米倉後遺症」(Facta 2015-07) PDF FILE