Jun Yamamoto's Music /作曲・編曲 山本準 オフィシャル・サイト

(revised January 12, 2018)


jun yamamoto

Jun Yamamoto 山本 準 Composer/Arranger/Piano-DTM

Contact: via e-mail

お知らせ(今後の作品演奏予定・他)

2018年、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。
今年の演奏会予定は:

2月18日(日) 三毛子のテルミン・ライブ 「旅するテルミン 思い出〜ヨーロッパ 後編」 カーサ・クラシカ(赤坂)

2月23日(金)「『ポツダム宣言』〜バリトン、トランペット、ピアノのための」 (初演) オペラシティ(初台) 「日本作曲家協議会ニューカマー演奏会」にて

3月9日(金) 「小喜遊曲 〜笛子と揚琴のための」(初演)アジアの伝統・アジアの現代2018  台東区生涯学習 センターミレニアムホール (東京都台東区西浅草3−25−16) 

5月10日(木)「百鬼夜行〜尺八、クラリネット、ヴィオラ、十三絃筝、十七絃筝、チェロのための」 (初演)すみだトリフォニー小ホール(錦糸町) 「日本作曲家協議会アンデパンダン」にて

となっております。ご希望ございましたらチケットを用意させていただきますのでまでご連絡ください。

2018年2月18日(日) 三毛子のテルミン・ライブ 「旅するテルミン 思い出〜ヨーロッパ 後編」 カーサ・クラシカ(赤坂)


(画像をクリックするとPDFをダウンロードできます)

2018年2月23日(金)「『ポツダム宣言』〜バリトン、トランペット、ピアノのための」 (初演) オペラシティ(初台) 「日本作曲家協議会ニューカマー演奏会」にて

(作品解説)「ポツダム宣言」は独伊が降伏し日本の敗戦も決定的となった1945726日に発表された、アメリカを中心とする日本に対する降伏勧告である。敗戦国の人間にとってはこれほど屈辱的な文書もないが、ペリーの浦賀来航以来の近現代史の大きな結節点であると考えられ、これを改めて読み直してみたいと考えた。この「宣言」の背景には、原子爆弾の開発の進捗、ソ連の極東政策、戦後の米ソ間の力関係への思惑などが絡み合い、一見民主主義的理想を述べているように見えながら、その裏には列強の利害とエゴのぶつかり合いが透けてみえる。作曲に当たっては、あくまでもテキスト(原文から作者が一部省略・意訳を交えて書き起こした)を伝えることに主眼を置いた。バリトンのテキスト朗唱に対しトランペットとピアノは、あくまでイメージであるが、義太夫の語りに対する三味線や鼓の役割を担う。

2018年3月9日(金) 「小喜遊曲 〜笛子と揚琴のための」(初演)アジアの伝統・アジアの現代2018  台東区生涯学習 センターミレニアムホール (東京都台東区西浅草3−25−16)  19:00開演(18:30開場)

(作品解説)中国の伝統楽器である笛子と揚琴のデモンストレーションを聴いて、その表現力の幅広さに驚かされた。笛子は速いパッセージは軽快に、ゆっくりした表現は情感たっぷりに演奏することができ、一方揚琴は、伝統的な響きを残しながらなんと4オクターブにわたる西洋的な半音音階を縦横無尽、融通無碍に演奏することができる。この曲ではそれらの各楽器の能力をできる限り活かし、聴いて楽しい音楽になるように努めた。

(about the composition) The composer had been amazed to listen and come to know the splendid musical capability of Dizi and Yangquin.  Dizi can run through very fast passages very lightly and precisely, and play slower melodies much expressively.  Yangquin is maintaining its traditional characteristics of the instrument and can freely jump around, or expressively play tremolos (which is very much characteristic of the instrument) on the chromatic scale over full 4 octaves.  I tried to fully take advantage of those amazing capabilities of the instruments, and make the music as much as delightful for the listeners. 

 

2018年5月10日(木)「百鬼夜行〜尺八、クラリネット、ヴィオラ、十三絃筝、十七絃筝、チェロのための」 (初演)すみだトリフォニー小ホール(錦糸町) 「日本作曲家協議会アンデパンダン」にて

(作品解説)21世紀も既に17年経った。1052年からが末法の世としても、もうすぐ千年経つ。古典的な物の怪たちは書物の中に閉じ込められてしまい、生きている人間の方が余程物の怪じみてきた。本作品は標題音楽である。邦楽器・洋楽器とりまぜて古典的な「百鬼夜行」を表現したい。貴人の行列の前に立ちあらわれた鬼たちが人間達を襲おうというまさにその時、霊験あらたかな真言により暗赤色の巨大な火の玉があらわれ、阿鼻叫喚のうちに鬼たちは退散する。 

京都大徳寺山内の塔頭・真珠庵所蔵の『百鬼夜行図』

2018年5月31日(木) 「小喜遊曲 〜笛子と揚琴のための」(再演) 香港 Hong Kong Composers' Guild主催のコンサートにて


(最近公開した動画など)

ハープ独奏曲「写像ハープ」の動画を公開しました。演奏は鈴木真希子さん。2017年7月21日、東京赤坂、霊南坂教会における「ラ・フォリア演奏会」での録画です。

(曲目解説)ハープはドレミファソラシの七つの音を入力として、その7つあるペダルの位置によって異なる音階に移しかえる一種の「写像」であると考えらる。7つのペダルはそれぞれ、♭、ナチュラル、♯、の三つの状態のいずれかに位置させることができるので、ハープの演奏可能な音階は37乗=2,187種類あることになる。この中には伝統的な長音階、短音階、減七和音、属七和音、教会旋法なども含まれるが、それらに限らず一般的でない異なる音階も使ってみたいというのが作曲の動機である。この曲では22種類の異なる音階を使っている。本作品は、2017721日、東京にて「公募作品演奏会『ラ・フォリア』」において、鈴木真希子氏のハープ独奏により初演された。作曲者は初演にあたっての鈴木氏の貴重なアドバイスに深謝する。(楽譜はSokabe Music Publishing にて販売しています。

 

「ルターの『神は我がやぐら』によるパラフレーズ」の動画をYouTubeにて公開しました。

トランペット12、トロンボーン8、ホルン2、ユーフォニアム4、チューバ4およびパイプオルガンという大編成です。指揮は曽我部清典氏、演奏は洗足学園音楽大学曽我部ゼミナール2017年度修習生の皆さん、オルガンは飯靖子氏です。

 

「3つのアラベスク 弦楽四重奏のための」から第2楽章をYouTubeにアップロードしました。演奏はプレシャス・カルテット。ビデオ撮影はJFCによるものです。

The 2nd Movement from "Three Arabesques for String Quartet" has been uploaded to YouTube.  Performed by the Precious Quartet.  Many thanks to JFC for their provideing the video.

 

自主制作CD「地球に水があったころ」(2001)から"Bon Voyage" (for Roland SC-88)をYouTubeにアップロードしました。

"Bon Voyage" for Roland SC-88 has been uploaded to YouTube from an original CD "When there was Water on the Earth" (2001).

ピアノ独奏のための Lament の楽譜を SOKABE MUSIC PUBLISHING で販売開始しました。

The sheet music of "Lament" for solo piano is now available at SOKABE MUSIC PUBLISHING.

 

子どものためのピアノ連弾「ふわふわのゆめ」の楽譜をSOKABE MUSIC PUBLISHING で販売開始しました。

The sheet music of "A Fluffy Dream for 4-hand piano" is now available at SOKABE MUSIC PUBLISHING. 

弦楽四重奏のための「3つのアラベスク」ならびに金管アンサンブルのための「ルター『神は我がやぐら』によるパラフレーズ」の総譜・パート譜をSOKABE MUSIC PUBLISHING で販売開始しました。

The score and parts of "Three Arabesques for String Quartet" and "Paraphrase on 'Ein' feste Burg ist unser Gott' for Brass ensemble" are now available at SOKABE MUSIC PUBLISHING.

Eternal River-Reunion (2000) のピアノ独奏バージョンの楽譜をSOKABE MUSIC PUBLISHINGで販売開始しました。「河の流れは何百年も変わることがない。1000年後にあなたとこの河畔で再会できたら…」オリジナルバージョンは、YouTubeで聞いていただけます。(2017.10.09)

2Step Tuneの "FAKE FISH"をYouTube で公開しました。 (2017.10.04)

================

YouTubeのJun Yamamoto チャンネルElectric Alternative 5曲 ("Precoginition I- IV"および "GaDara")を追加しました。(2017年6月28日)

Modern Music にマンデルブロ四重奏曲 "Mandelbrot Quartet"の音源とスコア及びパート譜を追加しました。ついでに"Melody of π"の音源と譜面も追加しました。(2017年6月16日)

作品の過去の演奏履歴 (History of performance)

曲名 (Composition's Title) 演奏者(Perfomers) 日時・場所 (Date & Place) 楽譜販売
Sheet Music Available at
木管五重奏のための"Capriccio"
"Capriccio for Wood Wind Quintet"
市橋靖子(fl.)、田中宏(ob.)、広瀬寿美(Cl.)、小武内茜(Fg.)、宮野大輔(Hr.)
fl. Y. Ichihashi, ob. H. Tanaka, Cl. S. Hirose, Fg. A. Obunai, Hr. D. Miyano
2017年11月12日(日)新潟「越の風 vol.6」にて

in "Koshi-no-Kaze vo.6" in  Niigata City.
SOKABE MUSIC PUBLISHING
金管合奏曲「ルター『神は我がやぐら』によるパラフレーズ」
"Paraphrase on 'Ein' feste Burg ist unser Gott' for Brass ensemble and Pipe Organ"
洗足学園音楽大学演奏会実習「曽我部ゼミ」履修生、オルガン飯靖子、指揮 曽我部清典
by students of the Sokabe Seminar of Senzoku Gakuen College of Music, Yasuko Ii (Pipe Organ), and Kiyonori Sokabe (conductor).
2017年10月13日(金)東京赤坂の霊南坂教会

in the Reinanzaka Church, Akasaka, Tokyo on October 13, 2017
SOKABE MUSIC PUBLISHING
子ども用ピアノ連弾曲「ふわふわの夢」
4-hand piano piece for children, "A Dream Fluffy"
西山隆来および長谷彩也華(指導:厚地とみ子先生)

Mr. Nishiyama and Ms. Nagatani under supervision of Ms. Tomiko Atsuji, in Kumamoto, Japan. 

2017年7月30日(日) 「こどもたちへのメッセージ in 熊本」にて

in Kumamoto, Japan, on July 30, 2017.
SOKABE MUSIC PUBLISHING
ハープ独奏のための「写像ハープ」
M=h(n)  for Solo Harp
鈴木真希子
Makiko Suzuki
2017年7月21日「公募作品演奏会 ラ・フォリア」にて(赤坂・霊南坂教会)
July 21, 2017 at Reinanzaka Church, Akasaka, Tokyo.
SOKABE MUSIC PUBLISHING
弦楽四重奏のための『3つのアラベスク』
"Three Arabesques for String Quartet"
プレシャスカルテット
The Precious Quartet
2017年5月25日(木) すみだトリフォニーホール小ホール
in Sumida Triphony Hall, Tokyo, Japan on May 25, 2017
SOKABE MUSIC PUBLISHING
「戦争が廊下の奥に立ってゐたー渡辺白泉の句による」
 "The War Stood in the End of the Corridor"
Trp. 曽我部清典
Kiyonori Sokabe
2016年10月29日「中国・四国の作曲家 in 徳島 2016」にて
in the concert "Composers in Chugoku/Shikoku in Tokushima 2016"
SOKABE MUSIC PUBLISHING

 

作品をお聞きになりたい方へ・その他のリンクなど

<YouTube Jun Yamamoto Channnel>    https://www.youtube.com/channel/UCmgilzz_WV1pBOXUPoBXA4A

【関連リンク】

Hatena Blog 「クラシックつまみぐい」クラシック音楽を中心に、「おいしい」ところを取り上げてご紹介しています  http://jun-yamamoto.hatenablog.com/ 
Jun Yamamoto's Written Music (MP3s and Score PDFs) クラシック系の作品の楽譜とDTMによる演奏を提供しています http://jun.la.coocan.jp/Old-Coocan/
Acid Planet (自作品の音源を提供) Jun N Yamamoto
SoundCloud(自作品の音源を提供-但し、ガラクタ置き場) Jun Yamamoto  
MusicTrack(自作曲・既成曲のアレンジとカラオケ) Jun Yamamoto
Virtual Album(2001年作成の自主制作CDの内容を公開)  地球に水のあったころ(When there was Water on the Earth) CD一枚分の音源とジャケット・解説書データ
Virtual Albun "When there was Water on the Earth" mp3 and jacket/liner notes data for one CD
imslp (一部の作品の楽譜と音源を提供しています) Jun Yamamoto
note.mu 「音楽を語る(名曲のアナリーゼ 他)」(Hatena Blogのミラーです) note/hatoudon 
三毛子がたま〜にテルミンライブをするお店 舶来居酒屋「バニー」 (大阪)
三毛子のテルミン演奏コレクション てるみんるーむ 

<Profile>

ピアノを飯田喬子、作曲を野田暉行に師事。テルミン奏者三毛子の伴奏者として活動中。2016年に「戦争が廊下の奥に立ってゐた−渡辺白泉の句による〜トランペット独奏のための」が曽我部清典氏により初演された。2017年には「3つのアラベスク〜弦楽四重奏のための」「写像ハープ〜ハープ独奏のための」「『神は我がやぐら』によるパラフレーズ〜金管合奏とオルガンのための」「カプリッチョ〜木管五重奏のための」が初演された。

Jun Yamamoto had been active as keyboard player of a crossover/fusion band "Landscape" in Osaka, Japan, during the period from 1982 through 1987.  In the 1990's, mainly engaged in computer-oriented music.  Currently working as accompanist for a theremin player, Miquette.  Appeared to the contemporary music scene in 2016, with the premiere of "The War Stood in the End of Corridor" for trumpet solo performed by a contemporary music expert, Kiyonori Sokabe.  In 2017, premiered a string quartet, a duo for trumpet and trombone, a solo for harp, a wood wind quintet, and a 31-instrument brass ensemble.

Contact: via e-mail