Jun Yamamoto's Music

(revised June 16, 2017)


jun yamamoto

Composer/Arranger/Pianist/Keyboardist

お知らせ

Modern Music にマンデルブロ四重奏曲 "Mandelbrot Quartet"の音源とスコア及びパート譜を追加しました。ついでに"Melody of π"の音源と譜面も追加しました。(2017年6月16日)

「公募作品演奏会 ラ・フォリア」にてハープ独奏のための「写像ハープ」(M=h(n)) が鈴木真希子さんの演奏で初演されます。

2017/07/21(金)17:30~21:00 霊南坂教会 港区赤坂1-14-3 tel. 03-3583-0403
公募演奏会『ラ・フォリア』

新藤昌子(ソプラノ)松平敬(バリトン)飯靖子(オルガン)中川俊郎(ピアノ)山田岳(ギター)鈴木真希子(ハープ)會田瑞樹(ヴィブラフォン)曽我部清典(トランペット)直井紀和(トロンボーン)チケット:1000円中川俊郎:私たちの『ラ・フォリア』 A・ヴィヴァルディ:ラ・フォリア(會田瑞樹編)他 公募作品

(作品ノート) 

ハープはドレミファソラシの七つの音を入力として、その7つあるペダルの位置によって異なる音階に移しかえる一種の「写像」であると考えらる。7つのペダルはそれぞれ、♭、ナチュラル、♯、の三つの状態のいずれかに位置させることができるので、ハープの演奏可能な音階は37乗=2,187種類あることになる。この中には伝統的な長音階、短音階、減七和音、属七和音、教会旋法なども含まれるが、それらに限らず一般的でない異なる音階も使ってみたいというのが作曲の動機である。この曲では次の表に示す22種類の音階を使っている。

A harp solo "M=h(n)" shall premiere by Ms. Makiko Suzuki on Friday July 21, 2017 at Reinanzaka Church, Akasaka, Tokyo.

(program note)

A harp has 7 pedals, which correspond to 7 notes, i.e. do-re-mi-fa-sol-la-si.  Each pedal can take three different positions, namely flat, natural and sharp.  Therefore, a harp can be set for 2,187 different modes (scales) (3 to the power of 7).  The instrument could be considered as a "function".  The 7 notes can be mapped to 2,187 different scales.  The name of the composition "M=h(n)" is derived from the mechanism.  In this composition, the 22 different scales are used as shown in the exibit below.

exhibit

 



laforia1laforia2

=============

「曽我部清典×直井紀和トランペット・トロンボーンデュオvol. 1」にて、トランペットとトロンボーンの二重奏曲 "Fughetta and Scherzo" が初演されます。(7月16日には演奏されません
Duo for Trumpet and Trombone "Fughetta and Scherzo" will premiere in "Trumpet/Trombone Duo Vol. 1 by Kiyonori Sokabe & Norikazu Naoi" on Saturday July 22 in Kugayama Church.
7月22日(土)  久我山教会 杉並区久我山 2-13-3  tel. 03-3332-9661 17時開演  

=============

2017年7月30日(日)14時開演 「こどもたちへのメッセージ in 熊本」にて、ピアノ連弾曲が初演されます。会場は平成音楽大学熊本サテライトステージです。お近くの方はぜひ。ピアノはこどもさんたちに弾いていただくことにしました。

=============

2017年11月12日に新潟市のだいしホールにて 木管五重奏のための"Capriccio"が初演されます。(「越の風2017」にて。開演14時予定)

Coming November 12, 2017, "Capriccio" for Wood Wind Quintet will premiere in "Koshi-no-Kaze 2017" in DAISHI HALL, Niigata City.

=============

2017年5月25日(木)弦楽四重奏のための『3つのアラベスク』がすみだトリフォニー小ホールにて、プレシャスカルテットにより初演されました。
プレシャスカルテット http://musique-art.wixsite.com/precious-quartet

May 25, 2017, "Three Arabesques for String Quartet" has premiered by the Precious Quartet in Sumida Triphony Hall.

2016年10月29日「中国・四国の作曲家 in 徳島 2016」にて、トランペット独奏曲「戦争が廊下の奥に立ってゐたー渡辺白泉の句による」が、曽我部清典氏の演奏で初演されました。(楽譜はSokabe Music Publishing にて販売しています)

Jun Yamamoto's trumpet solo composition "The War Stood in the End of the Corridor" has premiered by Mr. Kiyonori Sokabe in the concert "Composers in Chugoku/Shikoku in Tokushima 2016". (Score of the composition is available at Sokabe Music Publishing.)

プログラム・ノート 「昭和初期に活躍した俳人、渡辺白泉の無季の句「戦争が廊下の奥に立つてゐた」の印象は強烈である。薄暗い廊下の奥に何かの気配を感じるとそこには「戦争」が立っていた、 というのである。戦後十年以上を過ぎて生まれ、「戦争を知らない子供たち」(北山修)として育った私ですら恐怖を感じるが、戦後 70年を経てこの恐怖は若い世代に伝わるだろうか。
トランペットはいわゆる「喇叭」であり軍隊とは切っても切れない関係を持っている。そのトランペットに一句の恐ろしさを表現させてみたいというのが作曲の動機である。曲中に、シェーンベルク、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチらの戦争に関する、あるいは戦争中に書かれた音楽の引用を含む。」

Program Note "The title of the tune is a HAIKU by Hakusen Watanabe(1913-1969).  This is a terribly scary poem to EVEN me, who has been born more than 10 years after the end of WW II.  The war must be casually standing in the end of a corridor. The instrument, TRUMPET is inevitably linked to the military forces. I wish a trumpet to express the horribleness of the HAIKU, implying wherever the war is hiding and waiting. The tune includes several quotes from the music relating to and written during the war by Schoenberg, Prokofiev, and Shostakovich."


<Music on YouTube>

Turbulence (乱気流) 

Eternal River(永遠の河)

Paris d'Imagination(幻想のパリ)

Lament for Piano Solo

When there was Water on the Earth(地球に水のあったころ)

Sky (空)

May Road(五月山ドライブ)

Melody of pi (πの旋律)


【関連リンク】

Hatena Blog 「クラシックつまみぐい」  http://jun-yamamoto.hatenablog.com/

Modern Music (MP3s and Score PDFs) http://jun.la.coocan.jp/Old-Coocan/

ブログ 音 楽+αけちつけ帳

Acid Planet  Jun N Yamamoto

SoundCloud Jun Yamamoto   Lament for Piano Solo

MusicTrack Jun Yamamoto

Virtual Album  地球に水のあったころ(When there was Water on the Earth) CD一枚分の音源とジャケット・解説書データ

Virtual Albun "When there was Water on the Earth" mp3 and jacket/liner notes data for one CD

imslp (楽譜と音源) Jun Yamamoto

note.mu 「音楽を語る(名曲のアナリーゼ 他)」 note/hatoudon 

三毛子がたま〜にテルミンライブをするお店 舶来居酒屋「バニー」 (大阪)

三毛子のテルミン演奏コレクション てるみんるーむ

音楽関係でない話題のブログ 「定量的に論理的に考えたい」


<Profile>

ピアノを飯田喬子、作曲を野田暉行に師事。1982年から1987年まで大阪にて Fusion Group "Landscape"主宰。その後、単独におよびテルミン奏者三毛子の伴奏者として活動中。カラオケで歌謡曲を歌うのも、テルミンの伴奏をするのも、フュージョンバンドで演奏するのも、現代曲のアナリーゼをするのも、唱歌のアレンジをするのも、すべて一つながりの音楽活動です。音楽の本質はその自由さにあると思います。

Jun Yamamoto: Composer/Arranger/Keyboard Player.  Was active as keyboard player of a crossover/fusion band "Landscape" in Osaka, Japan, during the period from 1982 through 1987.  In the 1990's, mainly engaged in computer-oriented music.  Came back to the contemporary music scene in 2016 with the premiere of "The War Stood in the End of Corridor" for trumpet solo.

Contact: via e-mail